Funny Music 3

  • 2016-09-01

playlist

  1. YUME-MIRU YAKU-SOKU / HARRY HOSONO & THE WORLD SHYNESS 写真1段目 YUME-MIRU YAKU-SOKU / HARRY HOSONO & THE WORLD SHYNESS
  2. Ei No Ura Mitaina Ikimono / Uchujin 写真2段目 Ei No Ura Mitaina Ikimono / Uchujin
  3. Barracuda / Directorsound
  4. Laser Stickers No.4 / Urichipangun
  5. Lamento No.5 / Shinobu Nakayama
  6. TA.TA.TA. / Seigen Ono
  7. A-GIRL / Mayumi Chiwaki
  8. Whiteout / METAFIVE
  9. Rock (New Recording) / Hajime Tachibana
  10. Opening Bell / Tyondai Braxton 写真3段目 Opening Bell / Tyondai Braxton
  11. Firewood-chopping and a farmer who wants to be a samurai / Keiichi Suzuki 写真4段目 Firewood-chopping and a farmer who wants to be a samurai / Keiichi Suzuki
  12. Love Theme From Sangokushi / Tamao Koike
  13. Elizabeth No Enogu / arai tasuku
  14. Tokki / Yoshi Horikawa
  15. girls / Masakatsu Takagi
  16. Ending Theme / Keiichi Suzuki
  17. Hoshi No Nagareni / Akiko Kikuchi

listen playlist

listen!

?

comment

今月の選曲テーマは6月・7月に続いて“Funny Music"ですが、今までの選曲よりもかなりポップになっています。

意図的にポップにしたのではなく、テーマ性を意識せずに選曲したら、結果的にそうなりました。

エキゾチカやラテンなど、ムード音楽やBGM的な要素が全体の印象を和らげていますが、現代的・先鋭的なナンバーも多数選んでいます。

なのに、なぜここまでポップに聴こえるのかが、何度繰り返して聴いても、わからなかったのです。

プレイリストを見直してみると、何曲かポップな曲があるだけで、それに引っ張られるように、非ポップ曲もポップに聴こえているのです。

選曲というのは、些細な事で、印象が全く変わるものだという事が、よくわかります。

僕たちが選曲をする場合、その点は十分注意しなければならないと思います。

homelisteningは特にアカデミックな内容に特化しているわけではありませんが、今回は特にポップな側面が強く出たと思います。

僕はポップと非ポップともに好きなので、次回は反動で、少々アヴァンギャルドな内容になるかもしれません。

  

Following July and June, this music selection theme is "Funny Music", but this is more pop than ever.

I did not have a purpose to make the selection pop, but I selected songs along the lines of the theme without thinking. In the end it worked out.

Elements of mood music and BGM like Exotica and Latin music decreased whole impressions, but I selected a lot of contemporary or edgy songs.

I listened the selection many times. But I could not understand why the impressions were so pop.

When I watched the playlist, there were a few pop songs in it. As if they pull, non pop song could make impressions pop.

This indicate that the selection's impression is entirely changed by small things.

I think when we select the songs we must are careful this point well.

It is no to say that "homelistening" specialize in academic content. And I think the pop side emerged in it, especially this time.

As I like pop music and non pop music, both I may select songs about avant garde in our next program.

how to play?

mp3

選曲はmp3ファイルを利用しています。対応したプレーヤーがお使いのコンピュータにインストールされている場合は「listen!」アイコンをクリックしてそのまま再生されるはずです。そうでない場合は、お手数ですが以下のプレーヤーなどをインストールしてください。^

Windows環境のコンピュータをお使いの方
Windows Media Player
iTunes
Winamp
Macintosh環境のコンピュータをお使いの方
Quick Time Player
iTunes
Unix、Linux環境のコンピュータをお使いの方
Xmms
Xaudio