Radical Classical Music 4

  • 2017-01-01

playlist

  1. Rachmaninov: Morceaux De Fantaisies, Op. 3 - 5. Sérénade In B Flat Minor / Sergei Rachmaninov 写真1段目 Rachmaninov: Morceaux De Fantaisies, Op. 3 - 5. Sérénade In B Flat Minor / Sergei Rachmaninov
  2. Bartók: String Quartet #1, Op. 7, SZ 40 - 3. Allegro Vivace 写真2段目 Bartók: String Quartet #1, Op. 7, SZ 40 - 3. Allegro Vivace
  3. Mussorgsky: Pictures At An Exhibition - Bydlo / Vladimir Horowitz
  4. Nibelungen / Nico
  5. Nr 2 Klavierstück V (1952) / Aloys Kontarsky
  6. Evening Souvenirs (Instrumental) / The Yearning
  7. When I Lost You / The Yearning
  8. Rachmaninov Moments Musicaux Op.16 4 Presto / Takako Takahashi
  9. happy end / Ryuichi Sakamoto
  10. Imaginary Landscape No. 3 (1942) / Jan Williams & Maelström Percussion Ensemble
  11. Sakamoto: Firewater / Ryuichi Sakamoto
  12. Dance for Borderline Miscanthus / World's End Girlfriend
  13. C is for Colleen who wasted away / arai tasuku
  14. Suki、Korositai、Aisiteru / Mariko Goto 写真3段目 Suki、Korositai、Aisiteru / Mariko Goto
  15. This Girl Of Mine / Kazunao Nagata
  16. Dance of the Monkeys / Franco Casavola
  17. Andante / Pablo Casals: Marlboro Festival Orchestra
  18. Koibito yo / Mayumi Itsuwa 写真4段目 Koibito yo / Mayumi Itsuwa
  19. Diverge / Peter Broderick

listen playlist

listen!

?

comment

homelisteningでクラシック音楽を取り上げることになったきっかけは クラシック音楽には美しいという一面以外に、激しい暴力的な側面があると感じた事でした。

具体的に言うとストラヴィンスキーの「春の祭典」を聴いた事でした。

また、日本のパンクロックバンドであるミドリの楽曲が、僕の好きなクラシック曲と相性がよく、並べて掛けると面白い効果が出ることがわかって“クラシック ミーツ パンク”というコンセプトを発見したことでした。

「ラジカルでクラシカルな」というタイトルにしているのには、クラシックと一緒に選曲したラジカルな曲が、未来においては“クラシック”として評価されるべき価値を有しているという僕の思い込みが大いに入っています。

そんな素敵な未来になっていると良いと思います。

  

  

The reason why I covered classical music on our site "homelistening" is I felt classical music had not only beautiful side but violence side.

Specifically, when I listened Stravinsky's The rite of spring, I felt it.

And songs of Midori, who are Japanese punk rock band had good chemistry with classical music. And I knew that playing classical music side by side with Midori's music had an interesting effect. These experiences were made me discover the concept as "classical music meets punk music". This was another reason.

 

The phrase "radical classical" in the title includes my assumption strongly that at this time radical songs that is selected together with classical music have values as classical music in the future.

I hope it will come such a nice future.

how to play?

mp3

選曲はmp3ファイルを利用しています。対応したプレーヤーがお使いのコンピュータにインストールされている場合は「listen!」アイコンをクリックしてそのまま再生されるはずです。そうでない場合は、お手数ですが以下のプレーヤーなどをインストールしてください。^

Windows環境のコンピュータをお使いの方
Windows Media Player
iTunes
Winamp
Macintosh環境のコンピュータをお使いの方
Quick Time Player
iTunes
Unix、Linux環境のコンピュータをお使いの方
Xmms
Xaudio