Psycho Killer

  • 2011-03-01

playlist

  1. Romania / Budapest Klezmer Band
  2. Psycho Killer / Caravan of Thieves 写真1段目 Psycho Killer / Caravan of Thieves
  3. Faible IV. / Ars Vitalis
  4. Road to Nowhere / Young@Heart Chorus 写真2段目 Road to Nowhere / Young@Heart Chorus
  5. Le Voyageur / Papa Wemba (& M. Munan) 写真3段目 Le Voyageur / Papa Wemba (& M. Munan)
  6. Nothing But Flowers / Motet
  7. On the Street Where You Live / リッキー・リー・ジョーンズ 写真4段目 On the Street Where You Live / リッキー・リー・ジョーンズ
  8. Burning Down the House / Chaise Lounge
  9. Nice Ice / Randy Weston
  10. Naive Melody / Pete Muller

listen playlist

listen!

?

comment

Talking Headsの曲のカヴァー・ヴァージョンにインスパイアされた選曲を1月号に続いてお届けします。

今回も「こんなカヴァー、有り?」というくらい意外なヴァージョンが多いのですが、特にビックリしたのが2曲目のアコースティック・スウィングというかジプシーっぽい「Psycho Killer」。これにはかなり興奮しました(笑)。

Young@Heartの映画はまだ観たことがないのですが、その映画の制作過程のドキュメントみたいな番組をテレビで見たことがあります。老人達がコーラスで歌うThe Clashの「Should I Stay Or Should I Go」はかなりシュールでした。 1曲目と5曲目も映画のサウンド・トラックからの選曲です。最近は観て面白かった映画のサウンド・トラックはチェックするようにしています。

8曲目からはJazzyな感じで(笑)。リッキー・リー・ジョーンズのこのアルバムには以前に吉田崇志氏がピックアップしたBeatlesの「For No One」も入っていますが、このスタンダード曲のカヴァーも素晴らしい。彼女の「Dat Dare」のカヴァー・ヴァージョンはDJでよく掛けていました。声がとても良いんですよね。

1月号と比較すると、Jazzyな分、3月号の方がまとまった感じになりましたね(笑)。是非選曲をお楽しみください。

how to play?

mp3

選曲はmp3ファイルを利用しています。対応したプレーヤーがお使いのコンピュータにインストールされている場合は「listen!」アイコンをクリックしてそのまま再生されるはずです。そうでない場合は、お手数ですが以下のプレーヤーなどをインストールしてください。^

Windows環境のコンピュータをお使いの方
Windows Media Player
iTunes
Winamp
Macintosh環境のコンピュータをお使いの方
Quick Time Player
iTunes
Unix、Linux環境のコンピュータをお使いの方
Xmms
Xaudio