YMO

  • 2011-09-01

playlist

  1. 新じょんから二重奏 / 高橋竹山
  2. テクノポリス / 上妻宏光 写真1段目 テクノポリス / 上妻宏光
  3. Rap Phenomena / Yellow Magic Orchestra 写真2段目 Rap Phenomena / Yellow Magic Orchestra
  4. Bone China / gentle voices from tibet
  5. ロータス・ラヴ / HMOとかの中の人。 写真3段目 ロータス・ラヴ / HMOとかの中の人。
  6. 入祭唱「幼な子われらに生まれ」 / シロス修道院合唱団
  7. Pure Jam / Yellow Magic Orchestra 写真4段目 Pure Jam / Yellow Magic Orchestra
  8. 以心電信 (You've Got To Help Yourself) / クラムボン
  9. Lefelach Harimon / Ofra Haza
  10. 届けて / りんけんバンド

listen playlist

listen!

?

comment

「BeatlesとYMO、それとTalking Heads」

最も好きなアーティストは?と質問されるときに答えるいつも決まったパターンです。その3つのグループに共通しているのは“ポップでアヴァンギャルド”、そして“ワールドミュージック”を取り込んでいる点にあると思うのです。

Talking Headsの「Remain In Light」以降、辺境の音楽が“カッコイイもの”として認知され、日本の民謡すら古典ではなく新しいものとして、またポップミュージックとして楽しむことへのためらいを取り払ったのです。今回の選曲では三味線が入った曲が多いのですが、2曲目の「テクノポリス」、この曲を三味線で弾こうなんてなかなか思いつきませんよ。トラックが現代的なところが逆に面白いですね。

YMOのアルバム「BGM」を久しぶりに聴き返したらすごく良くて。全曲使いたいくらいに好きなのですが、「Rap Phenomena」を選んだのは民謡っぽさをを重視したから。また初音ミクの「ロータス・ラブ」はオリジナルより好き?かもしれません(笑)。「Pure Jam」はどうしても掛けたくて、掛けたくて。YMOの中で最も好きな曲の一つです。

YMO⇒スネークマンショーという流れで感じた音楽の面白さが僕の選曲の“基”になっているのはのは間違いありません。そんな風に音楽を面白く伝えることが自分に出来ていれば良いな、と思うのですが。

how to play?

mp3

選曲はmp3ファイルを利用しています。対応したプレーヤーがお使いのコンピュータにインストールされている場合は「listen!」アイコンをクリックしてそのまま再生されるはずです。そうでない場合は、お手数ですが以下のプレーヤーなどをインストールしてください。^

Windows環境のコンピュータをお使いの方
Windows Media Player
iTunes
Winamp
Macintosh環境のコンピュータをお使いの方
Quick Time Player
iTunes
Unix、Linux環境のコンピュータをお使いの方
Xmms
Xaudio