グループサウンズ meets NEW WAVE

  • 2013-11-01

playlist

  1. 抱きしめて 抱きしめて / 叶修二&ジ・アイドルス
  2. 太陽の翼 / ザ・スパイダース 写真1段目 太陽の翼 / ザ・スパイダース
  3. 十中八九N・G / ジューシィ・フルーツ 写真2段目 十中八九N・G / ジューシィ・フルーツ
  4. Larousse Baron Bic / Rosa Yemen
  5. Colossal Youth / Young Marble Giants 写真3段目 Colossal Youth / Young Marble Giants
  6. Radiation / Suicide
  7. Pini, Pini / Arto
  8. Sway / Seefeel
  9. Walkabout / Throbbing Gristle
  10. Day Tripper / Yellow Magic Orchestra
  11. Ginza Ska / The Ventures
  12. 若い太陽 / 北原謙二
  13. The Jet Set Junta / The Monochrome Set
  14. Peace / プラスチックス 写真4段目 Peace / プラスチックス
  15. 真珠の涙 / ザ・スパイダース

listen playlist

listen!

?

comment

グループサウンズをあらためて見直したのは、日本のニューウェーブバンドの中で、プラスチックスの次に好きなジューシーフルーツを聴きかえしているときに、沖山優司さんの「東京キケン野郎」を聴いたのがきっかけでした。(その曲自体がグループサウンズへのオマージュでしたが)

そのアホらしすぎる歌詞を一度聴くと、その世界観にどっぷりはまってしまうのです。

そういう歌詞の面白さと、日本に誕生したばかりのロックの初期衝動が、素晴らしい作品となる要素だったのだと思います。

ゆえに、歌詞が普通な「小さなスナック」とか「想い出の渚」などには、あまり関心がないのです。

僕にとって、面白い日本語とは、“センスの良い下品さ”です。スネークマンショーや、よしもと新喜劇を好きな理由も、そこにあります。

そんなユーモアに溢れた音楽ですから、もちろんニューウェーブとの相性も悪くありませんでした。

初期衝動だけではない、創造性を感じる、そんな音楽が、僕は大好きなのです。

how to play?

mp3

選曲はmp3ファイルを利用しています。対応したプレーヤーがお使いのコンピュータにインストールされている場合は「listen!」アイコンをクリックしてそのまま再生されるはずです。そうでない場合は、お手数ですが以下のプレーヤーなどをインストールしてください。^

Windows環境のコンピュータをお使いの方
Windows Media Player
iTunes
Winamp
Macintosh環境のコンピュータをお使いの方
Quick Time Player
iTunes
Unix、Linux環境のコンピュータをお使いの方
Xmms
Xaudio