Radical Classical Music 1(String Music)

  • 2016-10-01

playlist

  1. Legions (War) / Zoë Keating 写真1段目 Legions (War) / Zoë Keating
  2. 82.7.7 Yano Music No.1 / Ryuichi Sakamoto
  3. Opaque / Hildur Gudnadottir
  4. Debussy: Feux D'artifice (From Préludes 2e Livre) / Fuzjko Hemming
  5. Insight XIV / Julien Marchal 写真2段目 Insight XIV / Julien Marchal
  6. Mussorgsky: Pictures At An Exhibition - Gnomus / Vladimir Horowitz
  7. Onwa na Roudosya to Benri na Hatsudensyo / MOONRIDERS
  8. kano_ / Yuri Miyauchi
  9. Syakusyain / Suiyoubi no Campanella
  10. Be My Wife / David Bowie
  11. QKMAC / Soutaiseiriron
  12. Happy / Mitski
  13. Drone / Mariko Goto 写真3段目 Drone / Mariko Goto
  14. Studio Mariacha / Tyondai Braxton
  15. Bach: Cello Suite #1 In G, BWV 1007 - Praeludium / Pablo Casals 写真4段目 Bach: Cello Suite #1 In G, BWV 1007 - Praeludium / Pablo Casals
  16. Una Sera di Tokyo / Yujiro Ishihara
  17. Kosame no Ki / Kyoko Koizumi

listen playlist

listen!

?

comment

ここ数年、坂本龍一氏のピアノ作品や、小畑亮吾氏のヴァイオリン作品に触れ、アコースティック楽器の音色や短いフレーズの繰り返しにより、気分が高揚することを発見しました。

もちろんダンス・ミュージックを経験していますので、リズムの反復が高揚をもたらすことは理解していました。

ただ、ピアノやヴァイオリンやチェロといったクラシカルな楽器で、そのような効果が得られるということには無自覚でした。

 

またロシアの作曲家達の作品は僕に大きなインパクトを与えました。

ストラヴィンスキーやプロコフィエフなどの前衛的作品は、その当時にどれだけパンクであったかを想像すると、激しく興奮せざるを得ません。

受け入れ不可能であっても“無視”という形で許容される現代とは違い、当時はそういった異物は激しい攻撃を受けたであろうことが想像できるからです。

 

そう考えたとき、クラシック音楽も決して高尚な音楽でも、退屈な音楽でもないのではないかと考えるようになりました。

つまり“特別な、頭で考えないといけない音楽”ではなく、ロックやポップと同じく、“ただ感じ取れば良い音楽”だと思え始めたのです。

 

僕は常々「全ての音楽はポップ・ミュージックである」と考えています。

作曲者が他者に聴いてもらうことを前提に作曲したのであれば、それには最低限のポップさを含まずにはいられないと考えるからです。

ですので、あえてポップにしようとした音楽に触れるとき、僕は少々胸焼けのようなものを感じるのです。

   

   

As I knew Ryuichi Sakamoto's piano works and Ryogo Kobata's violin works in a few years, I found that my feeling was excited by acoustic instrument's tone and repeated short phrases.

As I experienced the dance music of course, I had understood that repeated rhythms made us exciting.

But I was not conscious of its effects given by instruments like piano, violin, cello in classical music.

 

And Russian classical music composers' works gave me much impact.

I just had to be excited acutely when I guessed how punk avant garde works like Stravinsky and Prokofiev was at that time.

Because I guessed such alien substance caught the intense attack in those days, it was permitted by "the disregard" even if unacceptable in present day.

 

When I thought so, I became to think classical music was not high music and bored music.

So I become to treat it not "the music to think about with a head, something special", but "the music that you only have to feel".

 

I always think "all music are pop music".

Because if a composer compose song to listen to others, it must have a pop at least, I guess.

So hearing music that has intended pop, having feelings like heartburn.

how to play?

mp3

選曲はmp3ファイルを利用しています。対応したプレーヤーがお使いのコンピュータにインストールされている場合は「listen!」アイコンをクリックしてそのまま再生されるはずです。そうでない場合は、お手数ですが以下のプレーヤーなどをインストールしてください。^

Windows環境のコンピュータをお使いの方
Windows Media Player
iTunes
Winamp
Macintosh環境のコンピュータをお使いの方
Quick Time Player
iTunes
Unix、Linux環境のコンピュータをお使いの方
Xmms
Xaudio