Radical Classical Music 2

  • 2016-11-01

playlist

  1. Insight XXIII / Julien Marchal
  2. Senaka / ASA-CHANG & JUNRAY Feat. Kyoko Koizumi 写真1段目 Senaka / ASA-CHANG & JUNRAY Feat. Kyoko Koizumi
  3. Satellite Groove / Omoidehatoba
  4. Toccata D minor op.11/ Gyorgy Sandor 写真2段目 Toccata D minor op.11/ Gyorgy Sandor
  5. Mussorgsky: Baba-Yaga (from“Pictures at an Exhibition”) / Mariss Jansons: Oslo Philharmonic Orchestra
  6. Dynamite / Tami Neilson
  7. Sons Of The Silent Age / David Bowie
  8. Philharmony / Haruomi Hosono
  9. Schubert: Piano Trio #1 In B Flat, Op. 99, D 898 - 3. Scherzo / The Oistrakh Trio 写真3段目 Schubert: Piano Trio #1 In B Flat, Op. 99, D 898 - 3. Scherzo / The Oistrakh Trio
  10. Blue Canary / Mari Sono
  11. Suntory Old 2 / Ryuichi Sakamoto
  12. Debussy: La fille aux cheveux de lin / Moura Lympany
  13. Sayonara Zinrui / Tama
  14. Energy Flow / Kaori Muraji 写真4段目 Energy Flow / Kaori Muraji
  15. Up Niek Mountain / Peter Broderick
  16. Music (Cornelius Remix) / Sakanaction
  17. aque_ / Yuri Miyauchi
  18. Sora ni Hoshi ga aruyouni / Ichiro Araki

listen playlist

listen!

?

comment

今月も 先月に続いてクラシック音楽の新しい聴き方を提案する選曲です。

クラシックとノイズやロックンロールを並べて聴くということに最初は戸惑いを感じると思いますが、慣れればどうということもありません。

クラシックでは、ロシアの作曲家が好きです。

それはその音楽が僕の好きなある種の匂いを持っているからです。

今回のセレクションで、ムソルグスキーがタミ・ネルソンと、プロコフィエフが想い出波止場と並んでも違和感がないのは、同じ匂いを持っているからなのです。

匂いが共通であれば、ジャンルは関係ないのです。

何を掛けてもその人らしさを感じさせるセレクターやDJの選曲を聴くと、それぞれの曲に共通の匂いを感じます。

つまり選曲者が曲を自分の一部として消化しているのです。

と言うよりも、選曲者が曲に取り込まれて、それと一体化しているのかもしれません。

もし今回の選曲をあなたが気に入ったなら、homelisteningのPlaylistから過去の選曲を遡って聴いてみてください。

なぜならば、僕と同じ匂いが好きなあなたなら、それらに魅惑されない筈がないからです。

   

   

Following the last month, I recommend you my music selection that is the new way of listening classical music. I think you will be confused by listening classical music and rock n' roll together at first, but when you get used to it, it is no trouble to do.

I like Russian composers in classical music. Because they have something of the smell I like. In this selection if you do not feel a sense of discomfort about apposing two songs like Mussorgsky and Tami Nelson, Prokofiev and Omoide Hatoba, because I select them having sense of similar smell together. If their smells are in common, their genre has no meaning for listening.

 

Listening the selection of music selector who select any songs having his personality, feeling each song in it common smell. So selector digests songs as part of his body. In other words, selector may be introduced into the song and be integrated with it.

 

If you like this selection, please listen to previous selections from "Playlists" page on this site. Because if you like the same smell as me, it's sure to be fascinated by my selections.

how to play?

mp3

選曲はmp3ファイルを利用しています。対応したプレーヤーがお使いのコンピュータにインストールされている場合は「listen!」アイコンをクリックしてそのまま再生されるはずです。そうでない場合は、お手数ですが以下のプレーヤーなどをインストールしてください。^

Windows環境のコンピュータをお使いの方
Windows Media Player
iTunes
Winamp
Macintosh環境のコンピュータをお使いの方
Quick Time Player
iTunes
Unix、Linux環境のコンピュータをお使いの方
Xmms
Xaudio